本文へスキップ


Material and biological Chemistry
      Faculity of Science Yamagata Univ.

   Organic laboratory
 
  栗山恭直研究室〜


当研究室では有機,無機化合物の包接場であるゼオライト及びシクロデキストリンに着目し研究を行っています。特にゼオライトのナノ細孔場を用いて有用天然有機物の環境調和型合成,そしてシクロデキストリンを用いた高機能性材料の開発を目指しています。




AchIevement


Kuriyama Yasunao

Optical Properties of a 2,6-Dihydroxyanthra-quinone Single Crystal ,IFOST, 2013 Vol.1, p18-22, 共著

MEASURING 14 C CONCENTRATION IN WINE TO MONITOR GLOBAL DISTRIBUTION OF 14 C,RadioCarbon,55(2-3) 1827-1833,2013年06月 共著

ゼオライト包接場を用いた環境調和型ラクトン合成
Sustainable Organic Synthesis of Lactones by Some Alkenyl Carboxylic Acid Derivatives Encapsulated in Zeolite ゼオライト 294,135149,2012
共著

Surface exciton in thiophene oligomer single crystals Phys. Status Solidi B 2481),( 201007月) ,233-238] 共著

Thermal cis?trans conversion in thiophene oligomers Synthetic Materials 16011-12),( 201004月) ,1131-1135]共著

Polarization dependences of absorption and luminescence spectra on each crystal face of α-quaterthiophene and
α-quinquethiophene
physica status solidi (a) 2076),( 201003月) ,1474-1480]共著
                                                                詳細はこちら

その他
学生主体型授業の創造--授業改善から授業開発のFDへ 酒井 俊典 , 杉原 真晃 , 栗山恭直 東北・北海道地区大学一般教育研究会研究集録 59, 23-27, 2009-09-03

山形大学小白川キャンパスにおける修学環境の事例紹介とその分析 (第63回東北・北海道地区大学等高等・共通教育研究会 研究集録 : 全体テーマ「高等教育における主体的な学びを求めて」) -- (第2分科会 主体的な学修を促す環境) 栗山恭直 , 時任 隼平 , 橋爪 孝夫 東北・北海道地区大学等高等・共通教育研究会研究集録 63, 61-65, 2013-08-29?

サイエンスコミュニケーション 学生が身につける力 (全体テーマ「大学の専門性を支える教養教育」) -- (第3分科会 学生の社会性を涵養する教養教育)  東北・北海道地区大学等高等・共通教育研究会研究集録 64, 83-85, 2014-08-28

ナビゲーション